ミズイロフォトグラフ

ミズイロフォトグラフ

自分なりの楽しみ方で 「写真を撮る面白さ」 を見つけています

晩秋の立山縦走♪

2014年10月11日(土)に行った立山縦走の山行レポです。

朝5時に 立山駅(標高475m) に到着です。チケット売り場にはすでに長蛇の列が (*・x・)/

↓↓↓

1410112.jpg 1410111.jpg

ケーブル第2便に乗車でき、高原バスに乗り継いで 室堂ターミナル(標高2450m) に到着しました~。7日に立山は初冠雪。足元に注意ですな!!朝日が眩しい・・・水を汲んで、いざ出発。

↓↓↓

1410113.jpg 1410114.jpg

今日は時間をかけてゆっくり過ごしましょう。 ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

↓↓↓

1410115.jpg

石で固められた遊歩道を歩きます。 一の越(標高2700m) に到着。

↓↓↓

1410116.jpg 1410117.jpg

ここからは岩場が続きます。高度をかせいでいくと、山頂の建物が見えてきました。

↓↓↓

1410119.jpg 14101110.jpg

雄山に到着。雄山神社は社務所も閉めて、もう冬の準備完了。登山者も少ないですね。

↓↓↓

14101111.jpg 14101113.jpg

雄山神社峰本社(標高3005m)。 登山の安全を祈願した後、ここからが本当のスタートです。大汝山方面縦走路へ進み、山の深奥部へ向かいます。

↓↓↓

14101112.jpg 14101114.jpg 

固まった雪に注意しながら、やってきました~。立山の最高峰 大汝山(標高3015m)。日本で20番目に高い場所です。

↓↓↓

14101115.jpg

はるか下には威容を誇る 黒四ダム。 日本一のアーチ式コンクリートダムです。

↓↓↓

14101116.jpg

後立山連峰 御前沢(ごぜんざわ)雪渓 も綺麗に見えます。素晴らしい景色を堪能したら先に進みます。

↓↓↓

14101117.jpg 14101118.jpg

映画「春を背負って」の舞台となった大汝小屋を過ぎると雄山、大汝山とともに立山の主要部分をなす 富士ノ折立(標高2999m) が見えてきました。

↓↓↓

14101119.jpg 14101120.jpg

岩場を登って山頂に到着。

↓↓↓

14101121.jpg

山頂からの眺めです。内蔵助カールに、はるか遠くには室堂平。高原バスがミニカーみたいです。

↓↓↓

14101122.jpg 14101123.jpg

秋の稜線漫歩・・・・。もう最高にいい気分です。

↓↓↓

14101124.jpg 14101125.jpg

真砂岳(標高2861m) に到着。お腹も減ったのでこの景色をおかずに昼食&お昼寝タイムです。

↓↓↓

14101127.jpg 14101126.jpg

室堂平。

↓↓↓

14101128.jpg

大日連峰。

↓↓↓

14101129.jpg

辿ってきた稜線。

↓↓↓

14101130.jpg

お昼寝を終えて再び歩きます。つづら折りの急登から傾斜の落ちたガレ場になると 別山(標高2874m) に到着。祠のある南峰です。ここは剱岳の一大展望地。ダイナミックな風景に興奮しました。別山では登山者が思い思いの時間をのんびり過ごしています。

↓↓↓

14101131.jpg 14101132.jpg

剱岳(標高2999m)。

↓↓↓

14101150.jpg

別山乗越に向かう途中で室堂平。

↓↓↓

14101138.jpg

雷鳥坂を下って雷鳥沢へいきます。秋の終わりの赤茶けた山々。

↓↓↓

14101139.jpg

雷鳥沢からひたすら階段上り。みくりが池温泉でおやつです。いつものブルーベリーソフト。

↓↓↓

14101140.jpg

今日歩いた稜線です。右から左まで楽しいひとり歩き。

↓↓↓

14101141.jpg

もうすぐ冬が訪れる立山。雪が積もる前の静かな山の時間を満喫しました。冷たくも澄んだ空気が心地いい、晩秋から初冬にかけた縦走でした。     

<おわり>