ミズイロフォトグラフ

ミズイロフォトグラフ

自分なりの楽しみ方で 「写真を撮る面白さ」 を見つけています

剱岳三昧の秋(その2)

9月21日(日) 剱岳アタック当日。早朝4時に出発です。暗い時間帯なのでヘッドランプを照らして、ルートの方向を確認しながら慎重に歩いていきます。

富山平野を見下ろしています。市街の明かりが綺麗です。そして、周囲も明るくなってきましたよ。

↓↓↓

1409211.jpg 1409212.jpg

5時20分。 前剱 の頂上に到着です。ここで、ようやく目指す剱岳本峰が見えます。

↓↓↓

1409216.jpg 1409213.jpg 

立山連峰後立山連峰の山並みが綺麗です。

↓↓↓

1409214.jpg 1409215.jpg

本格的な岩稜が始まるのは、この前剱を過ぎてからです。4mほどの橋を渡り、大きな岩(名前がわかりません)をトラバースします。ここを通過すると前剱の門に着きます。

↓↓↓

1409217.jpg 1409218.jpg

そして、5時39分・・・・御来光で~す。ダイヤモンド唐松~!!(唐松岳

↓↓↓

1409219.jpg

そして、5時46分。影剱~!!(剱岳の影)

↓↓↓

14092110.jpg

次の難所は 平蔵の頭 。この高度感ある大きな一枚岩を登下降して、 平蔵のコル へ抜けていきます。この辺は平蔵ワールドですね。さすが、北アルプス随一の岩峰です。

↓↓↓

14092111.jpg 14092112.jpg

そして、 カニのタテバイ です。垂直に近い50mほどの岩場が立ちはだかります。が・・・・なんと渋滞です。あんなに朝早く出発したのに!!もうビックリです。10分ほど待って登り始めますが、途中で岩に取付いたまま「じーっ」と待っている状態が続いてしまい、下でカメラを構えている人に思わずカメラ目線(笑)。

↓↓↓

14092113.jpg 14092114.jpg

そして、6時45分。待望の 剱岳(標高2,999m) 山頂に到着で~す。

↓↓↓

14092115.jpg

立山方面を望みます。どこまでも続く山並みがすごいです。

↓↓↓

14092118.jpg

迫力ある恐竜の背中のようなギザギザとした岩稜が 八ッ峰 です。日本アルプスを代表する美しい岩稜を見下ろせます。この迫力ある眺めは剱岳ならではのものですね~。

↓↓↓

14092117.jpg

三角点の標石です。祠から八ッ峰側にちょっと離れた場所にあります。映画「剱岳~点の記~」を思い出しました。

↓↓↓

14092116.jpg

多くの登山者で賑やかな頂上でした。賑わう祠の周辺から少し離れて深呼吸です。そして再び落ち着きながら静かに周りを見渡してみます。目の前に広がる山々の姿に息を呑み、その迫力とスケールの大きさに改めて感動しました。空はどこまでも晴れ渡り、時間が止まっているような感覚。登ってこそわかる本物の良さ・・・。剱は何度登ってもいい。最高の気分です。

では、下りましょう。最初の難所は カニのヨコバイ です。足元の見えない絶壁です。最初の一歩を後ろ向きで、右足から岩棚にかけるのがポイントです。通過したら鉄のハシゴを伝って平蔵のコルへ降り立ちます。

↓↓↓

14092119.jpg 14092120.jpg

14092121.jpg 14092122.jpg

途中で振り返って本峰を望みます。カニのタテバイは大渋滞です。大行列ができていますね~。前剱の下りも注意しながら進み、一服剱に到着。剣山荘が足元に見えます。そして剣山荘に到着したら準備を整え、室堂に向けて出発します。

↓↓↓

14092123.jpg 14092124.jpg

途中、剣沢小屋に寄って記念撮影。また来年もおじゃましますね♪ そう心の中で言って、剱の懐を後にしました。

↓↓↓

14092125.jpg

別山乗越で剱御前小舎に寄ってエネルギー補給です。500円のカップラーメン。いつもより美味しいです(笑)

↓↓↓

14092018.jpg 14092126.jpg

雷鳥平に到着。紅葉に染まる時期はもうちょっとだけ先ですかね。

↓↓↓

14092127.jpg

地獄の階段上りの後は、恒例の みくりが池温泉 での「おやつタ~イム」です。今回はブルーベリーミックスをいただきましたよ~。美味しい~♪

↓↓↓

14092128.jpg 14092129.jpg

観光客が多くなってきました。ミクリガ池を通って室堂ターミナルへ戻ります。

↓↓↓

14092130.jpg

高原バスと立山ケーブルカーに乗って無事に立山駅到着です。子供たちにお土産を買ってお家に帰りましょう。今回はここまで~。2日目は約10時間の行動でしたが、疲労も心地良く感じます。今回は天候にも恵まれ充実した山行でした。

憧れの岩稜を歩いた楽しい時間はあっという間に終わりました。剱を歩く魅力って何だろう。何度でも登りたくなるんですよね~。楽しみは・・・また来年です♪

<おわり>